新生児には必要な母乳は人それぞれ量が違う|安定して量を出すには?

親子

体の血流を良くする必要性

乳児

体内の水分が足りていない

母乳の出の量が少ないと、赤ちゃんの体重が順調に増えないですし、赤ちゃんがおっぱいを求めて頻繁に泣いているので気付く人も多いです。母乳は血液で作られているので、体内の水分量が不足していると母乳の量が少なくなる原因になります。普段の生活では、ミネラルウォーターやノンカフェインのお茶などで水分補給をしたり、にんじんや大根などの根菜が豊富に含まれている味噌汁やスープ類なども食べることが大事です。出産後に便秘気味で悩んでいる人は、体内の水分が不足している可能性があります。母乳の量を増やしたい人は、油分や脂肪分を多く含んでいる食品は控えるようにして、緑黄色野菜や大豆食品、お米、発酵食品などがバランスよく含まれている和食中心の献立を作ることも大事です。出産後の女性は体力がかなり消耗していますが、十分な休息が取れていない人は母乳の出が悪くなる傾向があるので、家事を家族に手伝ってもらったり、夜間によく眠れない場合は、昼間に赤ちゃんが眠っている間に仮眠を取る習慣を付けて下さい。体が冷えて血流が悪くなると、母乳の量が減少する原因になってしまうので、普段から保温性の高い衣類や下着を着用したり、半身浴などでゆっくりと体を温めることも大事です。母乳の出が悪いのは体質のせいだと感じている人が多いですが、生活習慣や食生活を見直すことで改善できるケースも多いです。不足しがちな栄養素を補うために、安全性の高いサプリメントを服用すると良いでしょう。